研究開発

●地すべりが発生したが早期に規模を把握したい。
●調査に多額の費用はかけられないがある程度は把握しておきたい。
●最適なボーリング地点を見極めたい。
●他の方法で推定したすべり面の検証をし精度を上げたい。

» SEELANDについての詳細は、こちらをご確認下さい。

●ガードレールのビームです。
●鋼製ガードレールの支柱を用いており、鋼製ガードレールのリビルドにも役立ちます。
●鋼材と木材の複合構造で、鋼製ガードレールと同等の剛性及び引張強度があります。
●軽度の衝突では鋼製ガードレールのような局部変形はしないため美観を損なわず、また経済的です。
●鋼製ガードレールの接合部と寸法を合わせてあるため、ビームのみを交換することができます。
●2004年 国土交通省 国土技術政策総合研究所 車両用防護柵 設置基準をクリアしています。



» ログガードのお見積もりに関するお問い合わせは、株式会社イーエムシーまでどうぞ。

NSP工法はプレストレスコンクリート技術を応用した木質構造に関する接合方法であり、接合部にプレストレスを与え、引張応力を生じさせないという接合技術です。従来の機械的接合に見られるような「ゆるみ」がなく、高い接合性能を有しており、木橋や木造建築物の長支間化・長尺化を可能にします。



» NSPについての詳細は、こちらをご確認下さい。

ページTOPへ